トートバッグ特集、人気ブランド18年春夏から学ぶコーデ術!キャンバス地からレザーまで

誰もが1つは持っているトートバッグ。定番バッグも人気ファッションブランドのランウェイを参考にすれば、おしゃれに取り入れることができる。大きめトートを使ったコーディネートテクニックを、ブランドロゴを配したレザートートから、モノグラムのキャンバストートまで厳選6ブランドのレディースバッグと共に紹介する。

パンチの効いたスタイル×大きめトート

グッチ 2018年春夏コレクションより
グッチ 2018年春夏コレクションより

グッチ(GUCCI)の2018年春夏コレクションでは、レッド、ブルーといった力強い色彩で描かれたハイビスカス柄のセットアップに、アイコニックなGGマークを配したトートバッグを合わせた。パンチの効いたスタイルは、シンプルなフォルムと控えめカラーの大きめバッグで引き算し、バランスを見極めて。

バレンシアガ2018年春夏コレクションより
バレンシアガ2018年春夏コレクションより

おしゃれ上級者は、個性的なビックトートに負けない刺激的なスタイルを全身に纏って、周囲と差をつけるのも1つの手。ランドリーバッグをイメージしたスーパーサイズのレザートートに、色鮮やかなオレンジのドレスを合わせたバレンシアガ(BALENCIAGA)の2018年春夏コレクションを参考にしてみて。

ワンピース×ブランドロゴトート

ロエベ 2018年春夏コレクションより
ロエベ 2018年春夏コレクションより

ワンパターンの着こなしになりがちなドレスやワンピースも、ビッグトートを取り入れればオリジナリティ溢れるコーディネートに。ロエベ(LOEWE)は2018年春夏コレクションで、ベージュのワンピースに繊細なフリンジ入りレザートートを合わせるスタイルを提案。シンプルなスタイルにブランドロゴがくっきり映える。

ステラ マッカートニー2018年夏コレクションより
ステラ マッカートニー2018年夏コレクションより

ステラ マッカートニー(STELLA McCARTNEY)の2018年夏コレクションでは、Iラインを強調したニットドレスに、サークルロゴを配したビッグトートをスタイリング。すっきりとエレガントなコーディネートにカジュアルな印象のトートバッグを取り入れたい時には、ワントーンでまとめれば上手くいく。

モノグラムや柄トートのコーデテク

ディオール 2018年春夏コレクションより
ディオール 2018年春夏コレクションより

ニキ・ド・サンファルにインスピレーションを受けたフレンチルックを提案した2018年春夏シーズンのディオール(Dior)。キャスケット、ボーダー、デニムを品よくまとめたフレンチガールが携えるのは、ボックスシルエットのキャンバストート。カジュアルな表情のキャンバス地もモノグラムを選べば、上品なスタイルに仕上がる。

バーバリー2017 セプテンバーコレクションより
バーバリー2017 セプテンバーコレクションより

バーバリー(BURBERRY)の2017年セプテンバーコレクションには、ブランドを代表するバーバリーチェックのバッグが登場。大きめトートで主張を増したパターンも、トップスの襟と柄を揃えることでコーディネートに上手く馴染んでいる。柄物トートに挑戦する時には参考にしたいテクニックだ。

from https://www.fashion-press.net/news/38848

About the Author: 山崎奈々

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です