ディオール×カウズ、“バッテン”目の“ビー”モチーフ メンズ向けバッグ&ウェアが登場

ディオール(Dior)2019年夏メンズコレクションにて、キム・ジョーンズがメンズ アーティスティック ディレクター就任デビューコレクションを発表。そこで、カウズ(KAWS)がディオールのアイコンである“ビー”をアレンジ。その“ビー”がコレクションにも様々な形で登場した。なお、アイテムの発売は来年2019年となる予定だ。

カウズって?

© SOPHIE CARRE

カウズは、グラフィティアートからスタートし、現在は様々なブランドやアーティストとのコラボレーションなども行う世界的なアーティスト。ファンの中には、カニエ・ウェストやNIGOといった著名人もいるという。特徴的なのは“バッテン”の目。いたずら心あふれるポップなモチーフを得意としている。

キム・ジョーンズデビューコレクションにて、カウズがディオールの“ビー”をアレンジ

© WINTER VANDENBRINK

2019年夏メンズコレクションより、新たにディオールに加わったキム・ジョーンズ。デビューコレクションで彼が選んだのは、メゾンの伝統と現代の遊び心をミックスさせることだった。

“バッテン”目のビー

© MORGAN O’DONOVAN

象徴的なのは、ディオールのアイコンであるビー(ハチ)をカウズと共にアレンジ。“バッテン”の目をしたビー(ハチ)をレザーや刺繍など、様々な方法で描き出し、アクセサリーやウェアの上にのせた。シャツには、イエローやホワイト、ブラックカラーのビジューを使ってビー(ハチ)を描き、ランダムに配置した。

© MORGAN O’DONOVAN

ウィメンズのバッグ「サドル」を再構築した新作メンズバッグには、大きなビー(ハチ)パッチを添えて。そのほか、新作バッグはビー(ハチ)チャームで飾りアイコニックにコーディネートされた。

巨大カウズオブジェ“BFF”がショー会場に

© SOPHIE CARRE

また、カウズとのアイテムを含む2019年夏メンズコレクションが発表されたランウェイには、彼のシグネチャーフィギュアである“BFF”の巨大オブジェが登場。このショーのためにデザインされた“BFF”をピオニーやローズの花で制作した、特別なピースだ。

© SOPHIE CARRE

一つ一つ手作業でボディの形を作り、丁寧に磨きをかけ、細部にまでこだわりカッティング。出来上がったボディの上には、顔・手・脚にはピンクのピオニー、スーツにはブラックのバラ、象徴的な“バッテン”目は、濃いピンク色のバラを使って表現されている。

from https://www.fashion-press.net/news/40926

You May Also Like

About the Author: 山崎奈々

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です