ズッカ「バックルバッグ」をクリエイターがカスタマイズ、ボディソングやオカモトレイジなど参加

ズッカ(ZUCCa)は「30th ANNIVERSARY, 30 BAGS DECORATION」展を2018年7月21日(土)から8月7日(火)までカバン ド ズッカ 南青山にて開催。クリエイターがカスタマイズした1点物のアイコンバッグ「バックル バッグ(Buckle Bag)」を展示販売する。

 
左から) ボディソング、ユウキ(CHAI)

ブランド創設30年を記念したイベント「30th ANNIVERSARY, 30 BAGS DECORATION」展では、国内外で活躍するファッションデザイナー、アーティスト、ミュージシャン、グラフィックデザイナー、モデルなどのクリエイターがカスタマイズした30点の「バックルバッグ」が登場。アクションレザーと呼ばれる裏革を採用した、優れた耐久性と持った時の軽やかさが魅力の「バックルバッグ」が、自由な発想でアーティスティックに彩られている。

AdChoices
广告
inRead invented by Teads

 
左から) 酒井いぶき、Yurika Kinoshita

ボディソング(bodysong.)は、フロントのバックル部分をポケットで隠す大胆なデザインを提案。また、サイドやフラップをシールで埋め尽くした酒井いぶきのバッグや、中田クルミのカラフルなニット素材使い、「CHAI」のユウキによるポップなペインティングなど、個性的で存在感のあるカスタマイズバッグが勢揃いする。その他、「OKAMOTO’S」のオカモトレイジやアーティストのとんだ林蘭といった面々も参加している。

店内は、アーティスティックなカスタマイズバッグが映えるように夢想的な空間を演出。現代美術家・玉山拓郎が空間デザインを手掛けている。

from https://www.fashion-press.net/news/41506

About the Author: 山崎奈々

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です