ロエベ×伝説ブティック「パウラズ イビザ」のコラボ再び、代官山 蔦屋書店に限定ストアも

ロエベ(LOEWE)が、90年代にカルト的人気を博したスペイン・イビザ島のブティック「パウラズ イビザ」とのコラボレーションによるカプセルコレクション第2弾を2018年5月10日(木)より全国のロエベ・ストアで発売する。

イビザ島の伝説的ブティックとのコラボレーション

「パウラズ イビザ」は、1972年から2000年までスペイン・イビザ島のファッションの中心であったブティック。自然にインスパイアされたプリントで表現する特有のライフスタイルは愉快で、華やかで、そしてアーティスティック。これら魅力を兼ね備えたイビザスタイルは、地元の人々だけでなく、著名な画家やロックスター、さらにはヴァレンティノのようなファッション界のレジェンドまでを魅了した。

そんな伝説的ブティックとロエベとの出会いは2017年のこと。ロエベのクラフトマンシップが掛け合わさることで完成したアイテムは、自由で快活な雰囲気を感じさせた。

マーメイドやサンゴが登場する、ウェアやレザーグッズを豊富に

168,000円+税

そして、今年もリゾートシーズンに向けて再び両者がタッグを組む。今季は前回よりももっとポップに、そしてウェアラブルに。プリントには、マーメイドやサンゴ、貝殻など海の中のファンタジックな世界を“LOEWE”のロゴを添えて描いた。さらには、ポルカドット、サーカスのキャラクター、ビーチフラッグ、アニメ風のハチドリなどでエネルギッシュなムードを演出する。

ラインナップには、サン ドレス 、ペザトブラウス、パッチワークデニム、フリンジ付きのショートパンツ、テリータオルのポンチョといったウェアが揃う。いずれも、今回のためのユーモアあふれるプリントが組み合わせられたデザインだ。

またメンズコレクションは水着やボードショーツが加わり、ラインナップを大幅に拡大。ロエベならではのフィッシャーマンパンツは、 ブラックの 「フラッグ」柄での登場だ。

323,000円+税

職人の技が光るバッグ類は、「パズル バッグ」。「ハンモック バッグ」、「フラメンコ ノット」などお馴染みのバッグに加えて、大容量のトート、リゾートムードを運ぶバスケットバッグまで様々。上質でなめらかなカーフ・スキンにポップなプリントがのせられている。

左上から時計まわりに) 54,000円+税、29,000円+税、92,000円+税、107,000円+税
左上から時計まわりに

そのほか小物類も豊富で、ウォレット、カードケース、ハンドタオル、エスパドリーユ、そしてタツノオトシゴなど海の仲間をモチーフにしたレザーチャームが登場する。

代官山 蔦屋書店にて限定ストアをオープン

代官山 蔦屋書店には、2018年5月15日(火)から28日(月)まで期間限定ストアがオープン。太陽の日差しがガラス越しに差し込む店内では、「パウラズ イビザ」コレクションをメインに、夏の装いを鮮やかに彩るロエベのアイテムの数々が展開される。

また、展示スペースには、2016年に15歳という若さで写真家デビューを果たした、写真家マリオ・ソレンティの愛娘であるグレイ・ソレンティが手がけたイメージビジュアルを展示。イビザ島に流れるヒッピーマインドと、ロエベの洗練された雰囲気がミックスした「パウラズ イビザ」コレクションのムードを肌で感じられる空間となっている。

転載サイト:https://www.fashion-press.net/news/39615

About the Author: 山崎奈々

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です