ディオールレディース財布コピーを手持ちで颯爽と!

スタッズが全面を覆いながらも、整然とした配置やフォルムで大人の雰囲気を漂わせるウォレットが、ディオールから登場した。ブランドコピーのディオールの長財布としては珍しくジッパーを採用し、スタッズが美しいこのコピー財布は、カバンに入れずに“見せる”ためのアイテムだ。

伝統の“ディアマンテ”で、整然と配置されたスタッズセカンドバッグというとオジサンが小脇に抱えているイメージだが、いまさまざまなセレクトショップやメゾンが提案している最重要アイテムのひとつだ。もっともいまは「クラッチバッグ」と呼ばれることが多いが、iPadやモバイルノートの普及が影響しているのか、街でも迷彩やストライプなどのクラッチバッグを携える人を見かけるようになった。

S級コピーブランドのメンズの財布にも同じような変化が見られ、少し大きめの財布をポケットやカバンにしまわずに、手持ちで持ち歩く。そんなスタイルが徐々に認知されてきている。このたび登場したディオールのスタッズウォレットも、クラッチバッグのように手持ちで歩くのが絵になるアイテムだ。

格子状に並んだスタッズは、「ディアマンテ」と呼ばれるパターン。イタリア語のダイアモンドの意味で、1930年にできたディオール初のシグネチャーパターンだ。これに後年創設者ディオールのイニシャル「GG」を加えたものが、お馴染みの「オリジナルGG」パターンとなる。隅には、ふたつのGが絡みあった「インターロッキングG」。そして、最近メンズでも人気が出始めている、ウィメンズで定番のジップアラウンドタイプを採用した。このジッパーも、財布を“クラッチバッグライク”にしているいち要素なのかもしれない。色はブラックとグレーの2色展開。ふたつ折のタイプはディオールでは定番のスタイルで、こちらはブラックのみの展開だ。カバンを持たずに財布を裸で持ち歩く“外出手ぶら派2.0”。そのスタイルを実行するためのアイテムとして、このディオールのスタッズウォレットは極めて有効である。

You May Also Like

About the Author: 山崎奈々

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です